自分で人生を破綻させている人

  • By Ryoko
  • 自分で人生を破綻させている人 はコメントを受け付けていません。

ブログランキングに参加中。今日も応援ありがとうございます!
やじるしこちらをクリック。



何やら勘違いしている人が多いので
少し解説を。


成長の道に、まだ進んでいない人は、

昨日と同じ自分、
明日も今日と同じ自分、
という風に変化がありませんから、

「事件」は起こりません。

ですが変化を起こし始めると、

瞬間瞬間、事が起きますから、
事件が勃発し始めます。

おっきーのとか
ちっちゃいのとか

色々です。


当然といえば当然なのですが、

変化=進化 → ひとーーーっ跳び → 億万長者

と思っている人が多いので、
笑わないで、ここは真剣に考えるべきでしょう。


世の中は、「成功させないような動き」
が前提ですから、

事件は、
「お試し」とも言えるし、「妨害」とも言えるわけです。


成功を小馬鹿にしている(傲慢な)人は、

この「お試し」や「妨害」という

素晴らしきチャンスの前に、いとも簡単に挫折します。


この挫折は、人生の敗北を意味するのですから、
決して、この「罠」に引っかかる必要はないのですが、

「知恵」「ブレイン」「仲間」をもたない人は、
その意味がわかりませんから、
あっさり「挫折」を選択するわけです。


本人は、

「別の方法を探せばいいや」

と、軽く考えていますが、

どの道を使っても同じことですから、
決して、そういう発想はしてはいけないことになります。


これは、

この職場では人間関係が上手くいかないけど
「転職すればいいや」
と考える人と同じです。


「人間関係が上手くいかない人」

は、どこに行っても

「人間関係が上手くいかない人」

です。


人間を、

「人間関係が上手くいく人」

に変えない限り、

すなわち

「自分を変える」

ことをしない限り、
ずっと上手くいかない人を続けることになる、というわけ。



お金のつくり方も、

人生のつくり方も同じですね。



で、

自分を変え始めると事件が起こる。



だから、

事件の上手な対処の仕方

さえ覚えればなんちゅーことなくなる

というわけです。


ですが、

頭が硬い

とゆーか、

心の垢が溜まりすぎている

とゆーか、

自己流が大好き

とゆーか、

そういう人は、まるでプールで溺れかかって
大暴れに暴れてパニックになっているようなもので、

いやいや、その力をゆるめれば、
ちゃんと抱っこしてますから沈みませんけど?

ってゆーよーなもの。



それだけ必死に生きたい生きたい生きたい

と、自分に執着しているってことで、

人間とゆーのは、
なんとも不思議な生き物ですな。



そんなに生きることに必死なら
正しい生き方を覚え、

過去の心の浄化をしたいなら
正しい浄化の方法を覚え、

毎日起きる事件に対して誠実に対応して
実力をつければいいんじゃないの?

と私は思うのですけどね。



どーも、ちょいと勉強すれば

気持ちよく、心地よく、事件なしに成功者になれる

と思っている人が多すぎるようです。


数学の天才たちは、

天才だから、算数のお勉強しなくて

ひとーーーーっとびに天才と賞讃されているのでしょうかねえ?


そんなことないと思いますよ。

神経がイカれるくらい勉強していますけどね。



頭がちぎれるくらい

耳から血が出るくらい

喉から反吐が出るくらい


プロなら、そのくらいが普通じゃないでしょうか。


それがいやなら素人を続ければいいわけです。

そしたら、(潜在意識を汚したまま)
(表面的には)気分良く暮らせるわけですから。

その代わり
お金がないだの、時間がないだの不満を言ってはいけません。

だって、素人なのですから。

働けど働けど我が暮らし楽にならざり。

と、昔から素人の相場は決まっておるのです。



成長するのかしないのか。


たったこれだけなんです。

選択は。



成長すると決めたなら、

頭が痛くなって、誰かが優しくしてくれなくたって、
耳から血が出てきたって、
事件が続いたって、

成長すればいいんです。


どーせ挫折するなら、

成長などという誘惑に屈することなく

「アタイは絶対、成長などせん!」

と宣言して信念を貫けばいいんです。


はっきりさせましょう。

そして、ぐずぐずしないではっきり進みましょう。

ほんと、もうダラダラしている場合ではないのです。



おそらく人生で、今がいっちばんキツイ時代でしょう。


こういう厳しくて大事な時期こそ、
仲間と一丸となって自分を強くするときです。


チャンスを逃がすとか、そういうトロクサイのは
最もマズイ生き方ですから気をつけていきましょうね。

ほんと。


勘違いのもう一つは、

私が厳しいんじゃないんです。

時代が厳しいんです。

自分が甘すぎるんです。


厳しいよなーなどと、責任転嫁で頭を忙しくするのか、

自分の甘さをどーにかして、時代を乗り切るのか、

とにもかくにも
毎日の事件と共に成長していくことです。



成功者として、豊かに美しく活き活きと生きている人は
日本にだって、たくさん存在するのです。


どうしてあなただけ、その資格がない
ということになるのですか?


そんなわけないじゃないですか。


自分が自分のチャンスを排除していることに
あと3日以内にわからなくっちゃ。









どれがお好みですか?
◆涼子と共に繋がるメールマガジン一覧へ


 今日もクリックありがとう




blogランキング

Comments are closed.