アレルギーは病気じゃありませんよ!!!

  • By Ryoko
  • アレルギーは病気じゃありませんよ!!! はコメントを受け付けていません。

ブログランキングに参加中。今日も応援ありがとうございます!
やじるしこちらをクリック。

世の中には、

様々なアレルギーで苦しんでいる人が多い。

本当に気の毒だと思うし、

小さい子供だと、
本当に、涙が出るほど、
かわいそうだと思う。

 

その一方で、

どうして、治してあげないのかと
怒りも出てくる。

 

人間は、そもそも
病気になる必要などないはず。

 

それでも、不治の病というのは、
あるから、

相当、病気になる必要があって
なっていることになるから
それはそれで、
現実を受け入れなければならない。

 

ところが、

アレルギーというのは、

体質のことをいうのであって、

病気ではない。

 

だから決して、
治らないなんてことはないはずだし、

病と違って、

そこに「意味」や「意義」や「学び」が
あるのかさえ疑問。

 

体質なら、

変えることができるのにも関わらずだよ。

 

私が聞いただけでも、

ヒドく凄まじい

アトピーが治った人、

重度の花粉症が治ってしまった人、

いくらでもいる。

 

お医者様からさじを投げられたガンを
完治させた人だっている。

 

奇跡の話なんて、

腐るほど、世には存在している。

 

私自身、身体がボロボロだったことも
既に語った(後述)。

第一、やることやりさえすれば改善するのが身体なのだから、

全然、奇跡なんかじゃなくて、

当たり前のことが起きているだけなんだけど。

 

改善しないとしたら、

的外れなことをしているか、

あるいは、

勉強不足で時代にマッチしていない

やっぱり的外れなこと

をしているからと、
相場は決まっているのだ。

 

人間の身体というのは、

簡単に言ってしまえば、ワンパターン。

 

ある人には、
人参が栄養のある野菜で、

ある人には、
人参は栄養のない毒

なんてことはない。

青い目の人だろうが、

黒い髪の人だろうが、

世界共通で、同じように健康が
保たれるもの。

 

たまたま
食文化が違うとか、

何かの影響で
アレルギー体質になってしまったとかは
あるにしても、

基本的には、

同じものを食していれば、
健康であってよいはずなのだ。

 

それなのに、

お薬で、症状を止めようとするとか、

お薬で、身体に負担をかけようとするとか、

対症療法でどうにかしようとするとか、

精神的に受け入れ、悟りを開いた気になる
という「正当化」を使うとか、

私には、全くわけがわからない。

 

家族がそうなったら、
絶対、そんな方法はとらない。

 

なぜなら、
もっと安心で、確実な方法を知っているのだから。

 

周りの人だけを見ていても、
身体にとって正しい方法を使うなら、
改善率100%という「経験」ばかりだ。

改善率もなにも、

身体に良いことをすれば身体は良くなる

って、当たり前のことすぎて、
わざわざ偉そうに言う方が恥ずかしい。

その事実に対して、

ケチつけるのは自由だし、

「たまたまだよ」

とか、

「証拠は?」

と負け惜しみを言いたい貧しい心を使いたいなら、

その100%に入らなければいいだけだ。

 

選択の自由なのだから

汚れた疑い深い人間をやって、
ますます臆病になるのを続ければよい。

 

そのまま、大好きな
的外れな自己流を使い続ければよいだけのことで、
私は、一向に構わない。

 

今よりマシにしたいというなら、

そんなドリームキラーの負け惜しみなど無視して、

せっせと体質改善にいそしんで
身体が楽になって、血がキレイになって行くのを
楽しめばよい。

 

努力など不要なのだから。

 

そもそも

健康になるのに努力が必要だなんて、

もう、そこからおかしいではないか。

 

一体、何に振り回されたら、
そういう発想になるのか?

 

情報過多で知識はたくさん持っていながら、

そのお陰で頭が飽和状態になり、
そのお陰で疑い深くなり、
そのお陰で
本当に良いものに出会う力も、
出会っても受け取れる感性も
鈍っている人が多すぎて、

単純でシンプルな、本質的なことが
すっかり抜け落ちている。

 

学びの弊害

という、その現実に悲しくなるやら、呆れるやら。

 

頭がよすぎて、頭がワルくなっているのにさえ
気づかない。

 

その頭のワルさが、
不健康を生み出しているというのに。

頭がワルいから、気づかないのだろうか。

 

どうして本質的に根本から

身体に良いこと

を、シンプルにしてあげないのか?

と、
こうして書いていても、
怒りが湧いてくるけれど、

怒ってみても仕方ない。

だから、怒る必要もない。

 

皆、必死だからこそ、

あったりまえのことさえ
分からなくなっているのだから、
本当は気の毒なことなのだけどね。

 

けれど、

とにかく、本人の問題なのだ。

本人の選択の問題。

子供が小さいなら、親の問題。

 

ジャンクフードばかり口にしていると、

本物のお野菜が不味く感じるように、

陳腐な情報にまみれすぎて、

大切な情報が何かわからなくなっているのか、

本物の情報に出会う力(運気まで)が鈍っているのか、

出会えても受け取れないのか、

そもそも、治ると信じていないのか、

色々試しすぎて、諦めの境地で悟った気になっているのか、

とにかく、

出会う気も、
受け取る気も、
信じる気も、
実は、変化する気もない、

という「現実」があるから、

こちらは、傍観するしかない。

聞く耳がある人には、
たまに、ささやいてみるけれど、

大抵は、
自己流が一番だと思っているから、

どうせ却下される。

 

本当に聞く耳のある人は、

じーっと、こちらのささやきに、
耳を傾けている。

時々、質問したり、
確認したりする勇気も持っている。

 

だから、そういう人たちの為に、

私たちのように
体質を改善する方法を知っている人間たちは、

黙る

という怠慢をするのでなく、

ささやき続けなければならない。

 

人間が元気で暮らす。

この当たり前は、

人を幸せにするし、

世界貢献にもなるし、

健康を失っていた人たちからは
感謝されて、

素晴らしい信頼にもとづく
人間関係も築ける

と、一石何鳥にもなる。

 

たった二鳥とか、ケチなことはやめよう。

 

私は、いつも欲張りだから、

一石何鳥にもなることしかやりたくない。

 

ついでに、
心とか、

アレルギーを続ける、おかしな頭も
健康にしてあげよう。

 

ついでに、

心と身体と頭が健康で正常になれば、

経済まで健康で正常になることを教えてあげよう。

これが、私の好きな

一石何鳥も!なのだ。

 

疑い深くチマチマやるより、

のびのびスケール感大きく、ビッグなのが好きなのだ。

 

「確実な方法」

本当かいな?

という、この怪しげな方法を

正しく理解して、自信をつければ
鬼に金棒だし、
疑い深い不健康な人間やるよりは、

ずっと、「マシ」だと思うケドね。

 

なぜ「確実」と言えるか?

なぜなら、地球上で何十万人

という人が体質を改善している。

どうして、あなただけ除外になるのか、

その方が、私には不思議。

そんなに、

あなただだけ、特別なのだろうか。

あなただけ健康から見捨てられているのだろうか?

疑うより試す方が、
余程、建設的で健康的と思うけど、

選ぶのは本人。

 

ただし、
病院のお世話になって税金を使っておきながら、
税金が高くなるのが嫌だとか
文句を言う資格があるかどうかは、
己を省みる必要もあるかもしれないね。

 

 

いずれにしても、

ビクビクしている人は、
ちゃんと試さないから、わかんないのよ。

そんなへっぴり腰では、

女がすたる。

もちろん、男も腐る。

 

正しい理解と、周りの奇跡に耳を貸す勇気を持つことは
それほどの恐怖ではないはず。

 

私が、いつも味方です。

いつもそう公言してるよね。

 

私は、
病気を治すプロではないけれど、
身体をつくるプロだからね。

 

逃げも隠れもせず、
私は何年も、ここにいるじゃない?

 

正しいことやって、

え?たったそれだけ?

って、いやでも、いつの間にか
勝手に自信ついちゃうのって、
私は好きだけどな~(笑)。

 

みんな、簡単なのはアホになる気がして
恐れちゃうから、

わざわざ複雑にして、

的外れなとこで努力して、

生きてる苦労を味わって

頭良く生きてます”風”の錯覚を味わうのが好きだよね。

 

へんなの。

 

ま、複雑の中にいて
見えないものが多くあるってのは、
何かと都合が良いから、生き延びる知恵ではあるけどね。

全然、賢明ではないけど。

 

 

ちゃんと身体を改善するために、

「身体が改善されること、身体に良いこと」

をやってください。

 

身体が喜んでくれますから。

 

 

私の「身体ボロボロシリーズ」は、
もう、読まれましたか? →これですが。
 今日もクリックありがとう。


blogランキング

楽しく美しく生きるための
「1分ヒント」
は、こちらからどうぞ

Comments are closed.