成長効率が悪すぎるタイプの人間

  • By Ryoko
  • 成長効率が悪すぎるタイプの人間 はコメントを受け付けていません。

ブログランキングに参加中。今日も応援ありがとうございます!
やじるしこちらをクリック。

昨夜の私のメルマガを受け取ってくださった方、
もう一生の保存版なので、
しっかり活用してくださいね。

3年後、5年後と、年数が絶てば、
その事がいかに、全ての源泉になるか
「見える」ようになるでしょう。

感性を磨き、浄化して、
時代を先取りしていきましょう。

私は、HEAPを10年先に先取りしすぎて
苦労しましたが(笑)。

さて、今日は、

「どうしても成長効率が悪すぎるタイプ」

の人について語ります。

もうねえ、ひどいね。

このタイプ。

いや、大人に多い。

そして、33歳を過ぎた男性は要注意。

女性でも、実力ない人ほど、
男性脳がまとわりついて結構重傷。

さて、どういうタイプが
このタイプに属するか

といえば、

かんたん。

ズバリ、

「わかりません」

が言えない人です。

「わかりません」といって、
教えてもらえば、

1日で問題は解決する。

1分で解決することだってある。

それを、

そのひと言が言えないばっかりに、

1日が過ぎ、2日が過ぎ、1週間が過ぎ

1ヶ月が過ぎて忘れ去り、

はい、

賢くなるチャンスを失い、

頭を柔軟にするチャンスを失い、

教えてもらう相手との関係をも失う。

というなんとも「損な人生」を、

確実に歩んでいる。

1日目に分かるようになって、
次の日に、
また違うことが分かるようになって、
毎日、分かることが増えれば、

1ヶ月とか、3ヶ月経った時には、
かなりのことが分かる人になっているもの。

どれだけの差があるかなんて、

内側のことだから見えないからといって、

差がついていない

ということはない。

人間、30歳、40歳、50歳となれば、

生活や、人脈に大きな差がついているもの。

それは、それまでの生き方の結果であることは、
誰も否定できないだろう。

それは、

「分かりません」といって、

分かるように努めた日々を積み重ねたか否か

の差であることは間違いない。

30歳で、自由人のレベルに達成している人はいる。

遅くても40歳では手に入れたい。

遅咲き50歳でもいい。

いや、こうなりゃ、60歳でも、70歳でも
かまやしない。

とにかく、その基本が整ったら、

やっと、人のことも考えることのできる
自己実現やら、使命やら
の道に進むことになるのだから、

さっさと、自分の基本くらいは、
達成したいものよね。

リーダーになりたい

とか、

使命を全うしたい

という希望があるなら、なおさら。

達成するのは、
一年でも早いにこした事はないけれど、

一年、先延ばしにする理由はないと思う。

あるとしたら怠慢したい理由くらい?

プライドも、怠慢の一種だからね。

   今日もクリックありがとう



blogランキング

◆ 人間のプロフェッショナルを目指す
「涼子のメルマガ」は、こちら。

◆ 楽しく美しく生きるための
「1分ヒント」は、こちら。

Tags: ,

Comments are closed.