ボロボロ暴露シリーズ4−2「まるでモルモット?」

ブログランキングに参加しました。今日も応援ありがとうございます!
やじるしこちらをクリック。




カラダボロボロ暴露シリーズ1からの続き)    


見ず知らずのオジサンの家で
横たわり。         ← こ、この書き方アヤシイ?


いや、オジサンじゃなく、先生。

多分。         ←全然違ったかもしれないけど、今や不明。



そして一体、

誰からの紹介かもわからなくなるくらい、
ただ、言われるがまま、
紹介先に出かけて行く日々。

痛みと同居しながらのレッスン、

そして続く舞台。


今度こそ、
痛みが緩和してくれるだろうと期待して。


だけど何をやっても、
私の腰は良くならなかった。


極めつけは、

骨を、木づちで叩かれる

というもの。


これは辛かった。


背骨の一本一本を、
木づちで打たれるのだ。


我慢強い私も、
痛みで涙がちょちょぎれる。  ←まるで拷問?
                     今でもあんのかなこの治療院。




先生方の親切な、あれやこれやの紹介で、

私はモルモットか!

ってくらい、色々な”実験”の結果、

一層、
身体を悪くしていったような気さえする。



そんなこんなで、

“10代の若くて元気なはず”

の私の身体は、

腰の次に、また次の故障へ。


腰をかばいながらの生活は、

今考えると、おかしな話だけど、

その痛みはもう、
私の一部みたいな錯覚に
自分自身を陥らせていった。


腰が痛いのは当たり前、
みたいな。。      ←んなバカなわけないというのに!


そんな舞台生活、
相当、無理がたたるのは時間の問題で、


舞台の数日前だというのに、

今度は、足首を痛めてしまったのだ。


結構、大きな舞台。


主役が穴をあけるわけにいかないし、

パートナーもいる。

しかも彼は、
常に主役をつとめるトップダンサーだ。


演目は、ライモンダのグラン・パ・ドゥ・ドゥ。

(※グラン・パ・ドゥ・ドゥ:
  男性と女性バレエダンサーによる、
  クラシック・バレエで最も華やかな踊りの形式)


有名作品でもあり、

誰もが簡単に踊れる役でもない。


この役を演じるだけでも、
バレエダンサーの力量が試され、

評価も厳しくなるのは当然だ。


客席数は1500。

1500人と、
それに加えてバレエ関係者の前で踊るというのに



どーする?私?



暴露シリーズ3「主役の責任どーする?」へ続く


   クリック応援ありがとう。うるうる。。




blogランキング

感情コントロールの達人になるための
「1分ヒント」
は、こちらからどうぞ。
https://heap-int.com/hint.html

Tags: ,

comment